宮城の中古マンション専用部分のチェックポイント

Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2015年6月5日

中古マンションの宮城の現地見学で、どんなところを見るように気に掛けた方がいいでしょうか。

基本的には、専有部分いわれる室内部分と、共有部分と言われる建物の内外で他の住居者と共有する部分、建物の構造部分、ゴミ置き場、自転車置き場、庭などの外の部分を見ることになります。

実際に生活をする専有部分は、間取り図などを見て宮城の現地見学になっているのですから、広告に相違がないかを確認していきます。

間取り図ではわからないのが、キッチン、洗面所、お風呂、トイレといった水回りです。

どんなに間取りや内装をリフォームして、キッチンやお風呂、トイレを総入れ替えしたとしても、排水や給水に関しては、そう簡単にはパイプを入れ替えたりしにくいです。

そこで、現地では失礼して水を出してみるのもいいでしょう。

出すことができない場合は、不動産屋さんに口頭で確認するのもいいでしょう。

基本的に、不動産屋さんはこちらが質問していないことに、わざわざ説明してくれるケースはまれです。

気になったことや心配事は、きちんと聞いておいた方がいいでしょう。

購入後に修繕が必要になるのなら、あらかじめ確認しておいたほうが、予算も組みやすいです。

中古マンション購入というのは、リフォームも当然考えているケースが多いはず。

リフォームは、マイホームだといっても、マンションの場合は建物全体の強度にかかわるようなことはできないので、たとえば間取りの変更ができない物件もあります。

確認しておことが大切です。

Welcome , today is 月曜日, 2017年3月27日